京都大学大学院工学研究科 低炭素都市圏政策ユニット / kyoto Univ. Urban Policy Unit for Low-Carbon Society

random

政策支援

■養成された人材の活動による政策支援
養成された人材は、それぞれの実務的職務において低炭素都市圏実現に向けての政策の立案・実行を担うことが期待されます。また、本ユニットはその活動と連携しながら自治体等の政策実現を支援します。
養成された人材のうち、都市交通政策技術者は、実務者として、都市圏交通計画の立案・実施に従事することが期待されます。また、シニア都市交通政策技術者は、所属部署におけるリーダー的役割を担うとともに、社会における合意形成に積極的に参画し、市民的集いのマネジメントや、シンポジウム等のコーディネート・パネラーなどを担える人材として貢献することが期待されます。また、トップマネジメントコース修了者は、自治体等の意思決定過程において、習得した知識を活かし、世界に誇れる都市・交通政策の遂行に貢献することが期待されます。
このように本ユニットは、自治体・民間事業者・コンサルタント等において、都市圏政策・交通政策等にかかわる実務家の知識・技能の向上とともに、人的ネットワークの拡大等も通じて、地域に貢献していくことを目指します。
■専門知識と豊富な経験を活かした継続的な政策支援
都市圏政策は長期的・広域的に取り組むことが必要であり、継続的に地域の状況をモニタリングしながら、それぞれの地域にふさわしい政策を立案・実行していく必要があります。本ユニットは、京都大学大学院工学研究科と経営管理大学院が蓄積してきた専門知識や地域との連携実績を活かして、自治体等の要請により、都市圏政策の立案・実施を支援する「地域の政策シンクタンク機能」を担っていくことも目的としています。
自治体等における都市圏計画・環境計画・観光商業振興計画などの立案と実施、LRT・コミュニティバスなどの公共交通政策や自転車政策などの都市交通政策の立案と実践、長期的な政策立案に必要なデータベースの構築・維持、継続的な都市交通調査の実施など、様々な形で都市圏づくりに貢献することを目指します。