京都大学大学院工学研究科 低炭素都市圏政策ユニット / kyoto Univ. Urban Policy Unit for Low-Carbon Society

random

シンポジウム等

■2013.1.21 低炭素都市圏政策ユニット第6回国際シンポジウムを開催しました

日 時:1月21日(月)14時45分〜16時15分

場 所:京都大学吉田キャンパス 総合研究3号館155室

■ご講演者・題目

14時45分〜:開会

14時50分〜16時15分:『低炭素都市−人間都市クリチバ(ブラジル)の例』

 中村 ひとし氏(元 クリチバ市環境局長、現 日伯文化・科学研究所所長)

16時15分〜:閉会

 京都大学吉田キャンパス総合研究3号館155室にて、工学研究科低炭素都市圏政策ユニット第6回国際シンポジウムを開催しました。このシンポジウムでは、低炭素社会を実現するために必要な都市計画・交通政策について、様々な分野で活躍する自治体職員、実務家、研究者、学生など約190名が参加し、活発な議論が交わされました。

元クリチバ市環境局長、現日伯文化・科学研究所長である中村 ひとし氏より『低炭素都市―人間都市クリチバ市(ブラジル)の例―』と題して、低炭素社会実現に向けた地方自治体の新たな取り組み、そして公共交通(BRT)を中心としたまちづくりへの取り組みなどについてご講演いただきました。

公共交通を軸とした土地利用や、市民参加の環境教育、都市政策を総合的に計画・実施できる組織など、環境と人にやさしい都市づくりのための参考となった。


講演のスライドはこちら

講演の内容を外国語にてお聞きになれます。

 英語版

 中国語版

 韓国語版